商業用参考賃料算出書を無料で進呈します。

その募集賃料は妥当ですか?

なぜその賃料なのだろうか?と私は考えたことがありませんでした。
少なくとも、この書面を見るまでは。

私は企業で店舗開発業務に従事してまいりました。
不動産屋さんから物件を提案頂き、
それが自社の店舗の売上に合うか否かでその物件の可否を判断していました。

出店可能と判断した物件は交渉に入ります。当然提示された賃料をベースに交渉をします。
落ちつきところはベース賃料の数万前後です。
 
算定書337
 

賃料を多面的に見れば、物件の視野が広がる!

店舗開発業務のメインは売上の上がる店舗物件を見つけ、交渉し、出店に繋げることです。
私にとってハードルが高かったのは、店舗物件を見つけることでした。

良いと感じた店舗物件には競合がおり、競合がいない店舗物件を見つけても
坪数や階数、経済条件のルールがあり、そのほとんどが足切りをしなければなりません。

毎日足が棒になるぐらい、不動産屋さんを巡りました。
「決めれないくせに!」次第に不動産屋さんから疎まれることも。。。

見かねた不動産屋さんが
そう!「商業用参考賃料算出書」を!
 

無料で「商業用参考賃料算出書」をゲットする!

 

足切り物件が減少

「商業用参考賃料算出書」を使って、提示頂いた物件を調べます。
なぜ?なぜ?なぜ?と疑問が出てきます。

ある物件では。提示頂いた募集賃料と「商業用参考賃料算出書」と大幅に差額がありました。
なぜ?を仲介者に伺うと
所有者がその賃料にしなければならない理由が見え、交渉の武器となりました。

そして気付くと提示された時点で足切りした物件の数が大幅に減少したので、
提示頂く物件数も増えたのです。

 

最後に

私はサッカーが好きです。私にとってのサッカーの面白さはその戦術とアイデアです。
戦術はとても複雑です。しかし、個人のちょっとしたアイデアがその複雑な戦術を打開します。

賃料の算出も本当に複雑です。その複雑さゆえに同じ地域、同じような建物でも異なる賃料となります。
その複雑な賃料に対して、一つのアイデアとして「商業用参考賃料算出書」があればと考えます。

長々と綴り、読み難い箇所も多々あったかと思いますが、ここまで読んで頂き有難うございます。

 

現在、「商業用参考賃料算出書」は無料で配布しています。

ご希望の方は下記へ記入頂き、送信して頂ければ幸いです。

無料で進呈!商業用参考賃料算出書応募

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

会社名

みんなの店舗開発からニュースレターを受け取る。

クリック後、3秒程お待ち下さい。ダウンロードページへ移動します。


※「商業用参考賃料算出書」エクセルデータで作成しており、そこに数値を記入頂きます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です